投資マンションを成功させる賃貸管理|必殺成功者のノウハウ

笑顔

空室対策として利用

契約

賃貸経営を行なう際にハウスメーカーや不動産投資会社などが家賃保証などの制度をもっています。この制度は、賃貸物件に空室がある場合でも安定した収入を得られるようになっています。不動産経営を行なっていると必ず出てくるのがこの空室リスクになります。不動産経営を行なう際には、空室が出ない場所を選んで投資をしますが、長年続けていると空室になってしまう場合があります。この状況が長く続いてしまうと収入を得られないようになるので住宅ローンを支払うことができなくなります。そうなると売却しないといけなくなるので早めに手を打たないといけません。そういた対策として家賃保証があるのです。家賃保証を契約することで一定のお金を管理会社からもらえるようになります。そこから支払いや工事などを行なえるようになるでしょう
これらは空室リスクを多少改善することができる程度の対策にしかなりませんが、その間に空室リスクの改善対策を建てたり、リノベーションを行なったりすることができるでしょう。
家賃保証は、通常の家賃よりも安い収入になるのでこれを継続しているとのちのち苦しくなってしまいます。売却をしても住宅ローンを支払える金額にならなかったなどの場合に家賃保証を使う人がいます。そういったときには家賃保証を利用して時間稼ぎをし、新たな改善策を練りましょう。そうすることで成功するための対策が考えられ、賃貸経営を立て直すことができるでしょう。